忍者ブログ

坂の上でおばけに会った時速80キロ

サークル「お化け坂OverDrive」のブログ

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

オペレッタ狸御殿を見なかった僕になにか語る資格はあるのだろうか

戦国時代の知識は7割くらい『戦国ランス』から来てます春風です。
あれだろ、今の九州のほうには「アフリカ」があって本州との堺にある橋を子泣きじじいみたいのが守ってるんだろ。
そんで島津がめっちゃ強い。あの4兄弟が鬼過ぎる。こっちの武将寝盗るし。あとテキサスの姫様がめっちゃ美人。心のヒロイン直江愛ちゃんには負けるけど。
北のほうは妖怪ばっか住んでるし、家康は化け狸だし、この国昔は相当ぶっ飛んでたんだな。
そんなランスシリーズ、もうすぐ8が出ます。大帝国も出るし、今年は忙しい年になりそうだ。
でもその前に積んであるシュタゲをやらないと。いや、シュタゲはエロゲじゃないですよ。


音大に通う友達がオペラの台本を「縮めて」くれと言ってきた。
大体半分くらいに。
友達の数を数えるのに両手じゃ多すぎる僕だ。もちろん断るわけがない。
ふたつ返事で歌劇『こうもり』の芝居パートの脚色を引き受けた。

……で、まあ当然参考資料を読むわけだ。それは別にいい。芝居パートだけの文字数なんてたかが知れてる。
10分もあればさらっと読み終わる。ほうほうなるほど、要はこうもり伯爵がイケメンでモテモテで女好きなアイゼンシュタインをギャフンと言わせる話か。
人を笑わせたり喜ばせたりするのは得意じゃないけど、まあぼちぼちやれそうだ。

問題は……「とりあえずこいつを見てどういう風にするか考えてくれ」って言われて渡されたDVDにある。1983年コヴァント・ガーデン王立歌劇場でドミンゴ指揮のもと上演された歌劇『こうもり』全幕完全収録、パーフェクトなDVDだ。
とりあえず長い。全174分。3時間。しかも字幕なし。いや、手元に台本あるから内容は一応分かるけど。
そして全編(たぶん)ドイツ語。何言ってるかかけらも分からないどころか、今台本のどのへんかもよく分からない。
ははは。なんか笑ってるけど何が面白いかもちっとも分からん。
とりあえず歌は上手い。すごく、上手い。

ほかはちょっと……だめだ、休憩しよう。そうしよう。ちょうど曲も終わったし。
残りはたっぷり140分。悲劇だ。喜劇だけど。



これDVD観ないで勝手に悲劇にしたらあいつ怒るかな。友達の数が片手で足りちゃうようになるかな。
内緒でパロディ沢山入れるくらいにしておくか。






拍手[0回]

PR

コメント

コメントを書く

お名前:
タイトル:
文字色:
メールアドレス:
URL:
コメント:
パスワード:   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

トラックバック

この記事にトラックバックする:

カレンダー

09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

春風Twitter

リンク

カテゴリー

最新コメント

[09/26 春風]
[09/26 秋]
[08/31 春風]
[08/30 buruburu]
[08/01 春風]

最新記事

プロフィール

HN:
harukaze
性別:
非公開

RSS

ブログ内検索

アーカイブ

カウンター

アクセス解析