忍者ブログ

坂の上でおばけに会った時速80キロ

サークル「お化け坂OverDrive」のブログ

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

料理のさしすせそを『それ町』で覚えた

岡山のきらめく果実とゼリーのキュートなコラボ
岡山どうしちゃったんだ…。

微妙なラインナップでかゆいところに手が届かない新宿のガチャポンショップよりも、ラブプラスからイナズマイレブンまで取り揃えた地元のダイソーのほうが人々のニーズを分かっていると思います。春風です。

引っ越してから1ヶ月と少し。割と毎日自炊をしてる。
麻婆茄子からカレーまで作れるようになったが、味の方はまあ胸を張って人に出せるほどじゃない。学食よりはましかなって程度だ。
別に料理が好きってわけではないので特に向上心もなく、毎日何となく作って一人でモソモソ食べている(モソモソってすごい擬音だ。ひょいと付けるだけで一気にマズそうに見える)。
調理器具や材料揃えて調理する手間を考えるとほか弁のほうが安上がりなのだが、それでも僕が自炊をしているのにはひとつの大きな理由が関係している。


自炊を続けるたったひとつの冴えた理由。
そう、僕は調味料が大好きなのだ。




店に行って調味料コーナーからひとつ選ぶ瞬間が好きで、買ってきた調味料を戸棚や冷蔵庫に並べる瞬間が好きで、料理の最中それらを順序立てて振りかけていく瞬間が好きだ。
調味料のビンはどれもキュートで個性的な形をしているし、中身も色とりどりで、ずらりと揃えると得も言われぬ至福に心が満たされていくのを感じる。
調味料を買い集めて使用する、そのために僕は毎日料理をしている。

うむ、今日はそんな我が家の調味料たちを紹介しよう。

塩(焼き塩):言わずとしてたキングオブ調味料。ガンジーがこれのために長距離歩いたことでも有名。およそどの家庭でも料理にも使用するが、塩の代わりに味の素とコショーを混ぜた味コショーなどという邪道な調味料を使う者もいる。

黒胡椒(あらびき):特に炒め物に強い。腐りかけの肉の風味をごまかし砂金と同等の価値があったのも今は昔だが、流通が発達した今でも彼の活躍する機会は多い。

一味唐辛子:七味と比べると字面が悪党っぽい。要するに粉末赤唐辛子。案外と使いどころが難しい。

七味唐辛子:赤唐辛子・黒ごま・ちんぴ(みかんの皮を干したもの)・山椒・麻の実・けしの実・青のりをブレンドした和製調味料の女王。野菜炒めにかけると風味が非常に良くなる。

ガラムマサラ:インド料理に使われる混合香辛料。一振りすると確かにカレー風味。案外よく使う。

ナツメグ:野菜の甘味を促進し、ひき肉の臭みを消すらしい東インド原産の木ノ実。使い道に困る調味料NO.1。名前が好き。商品解説によるとロールキャベツにかけるといいらしい。そんなもん作れねーよ。10㌘以上摂取すると幻覚を見たり死んだりするらしい。

青粉:アナアオサという聞き覚えのない海藻を乾かして粉末にしたもの。要は青海苔。商標登録された関係で青海苔って書けなかったのかな。今のところ焼きそば以外に使い道がない。

顆粒ガラスープ:中華料理に欠かせないガラスープのもと。チャーハンや麻婆茄子など、とりあえず入れると味が複雑になる。粒状で使いやすい。

醤油:発酵させた大豆に小麦・味醂・酢・酒・その他を加えて作る。たまり醤油が期限ってことは味噌からできたのかな。東日本の醤油は旨みが強く塩が少なめ、西日本のは甘口で塩が多いらしい。

追いがつおつゆ:カレーうどん作るために買ってきた。醤油に鰹節入れて作る(想像)。天ぷらは色々はねて危ないから家じゃやらないかなー。ソーメンやそばはこれからの季節いいかも。

本みりん:もち米を発酵させた酒じゃないもの。舐めたことがないのでこれ自体の味がよく分からないが、とりあえずつゆとセットで使っている。

オイスターソース:牡蠣がベースの旨味ソース。味が濃いので分量に注意。でも味覚を直撃するタイプの調味料なのでついつい入れすぎてしまう。あと味付け失敗した時とかたくさん入れてごまかす。

ごま油:炒め物の締めに一回しさす。それだけで何となく美味しくなる。

叙々苑:焼肉屋の野菜サラダのたれ。結構高いが、好きな味。

豆板醤:麻婆茄子用に買った中華味噌。赤味噌と砂糖で代用できるらしい。

生しょうが:我が家唯一のチューブ調味料。鍋を作ったときに友人が買った。それ以来使ってないかも。

とろみちゃん:ふりかけタイプの片栗粉。手が汚れず、わざわざ用意する手間も省け、すごく使いやすい。ただ大さじ小さじなど量が測れないところがネック。

乾燥スライスにんにく:名前そのまま。必要な分だけ使えて便利だが、水を吸って元に戻ると意外と多かったりするので注意が必要。

焼酎:日本酒の代わりにちょっと料理に入れたりする。ついでに少し飲む。キッチンなんとかの気分が味わえる。


以上19点!
多いなーっていう以前にアレだよね。砂糖とソースがないね。ちょっと買ってこなきゃね。出来ればビンのやつ。
いやー、しかし調味料がたくさんあるってのはいいよなあ。専用のボックスでも買おうかしら。
まあ、だからって料理がうまくなるわけじゃないんだけどね。

拍手[0回]

PR

コメント

無題

岡山の地元民です。このたびはうちの県がこのような謎企画を立てて皆さんに大変な迷惑をかけてしまい申し訳ありませんでした。
岡山県民として、非常に恥ずかしいとともに、何故こんな企画がを通ってしまったのだろうという疑念の気持ちで一杯です。
以下略――

ま、100万都市以外で初めてゲマズが乗り込んでくる様な街ですから。もう潰れたけど。
【2010/07/31 23:58】 NAME[buruburu] WEBLINK[] EDIT[〼]

無題

ここまで直球で来られると逆にちょっと引いてしまう感覚を何と名付けたらいいんだろうね。
あんまりメディアとかに露出しないで好きな者同士の間でひっそりとやっていたいよ僕は。
でも鉄道やBLが市民権を得ていて、かつ景気よくお金を消費してくれる存在が少ない今、2次元オタクだけが例外ってワケにはいかないんだろうなあ。
【2010/08/01 10:28】 NAME[春風] WEBLINK[] EDIT[〼]

コメントを書く

お名前:
タイトル:
文字色:
メールアドレス:
URL:
コメント:
パスワード:   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

トラックバック

この記事にトラックバックする:

カレンダー

08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

春風Twitter

リンク

カテゴリー

最新コメント

[09/26 春風]
[09/26 秋]
[08/31 春風]
[08/30 buruburu]
[08/01 春風]

最新記事

プロフィール

HN:
harukaze
性別:
非公開

RSS

ブログ内検索

アーカイブ

カウンター

アクセス解析