忍者ブログ

坂の上でおばけに会った時速80キロ

サークル「お化け坂OverDrive」のブログ

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

あー、コタツみかん あー、こた…今月買うマンガ

唐突に出てきた鼻血に戸惑いを隠せない、春風です。次の同人誌のタイトルは『私立雨ヶ丘高校オカルト研究会機関誌1 ゴーストレイトショー』です。長げえ。冬コミ受かれ!

『ダブルブリッド』の作者、中村恵里加が2005年に一冊だけ出して続刊を書いてない『ソウルアンダーテイカー』ウィキペディアの頁が結構充実してて笑った。ファンってのは偉大だなあ。
しっかしここにきて『ダブルブリッド』のイメージアルバムかー。こりゃーひょっとしてアニメ化とかしちゃうかな?そしたら、しろーのコミカライズの続きが読めるんかな。つーかあの誤植大祭りを訂正して再発行して欲しい。

そんじゃまあ、幾分過ぎたけど今月買うマンガ。



09/13  徳間書店  『青空にとおく酒浸り』 4  安永 航一郎  \620
懐かしの火星人刑事までもが飛び出した、安永航一郎やりたいほうだいのナノマシンSFもの。
表紙はいつもむさいおっさん。以前後輩に「ヒロインがすごく可愛く、ストーリーもしっかりしてるSFもの」と言って買わそうとしたら、「おっさんとか無理っす」と断られた。


09/13  徳間書店  『ロボット残党兵』 4  横尾 公敏  \620
第二次大戦の泥臭い戦争ものや、諜報戦、歴史IF、人型兵器、とんでもSFが好きな人にぜひ読んで欲しい(というかこれらのどれも好きでない人っているんだろうか)作品。
米国VS日本帝国、ロボVSロボ、質量VS信念。
世界人類に、平和は訪れるのか!?

09/17  秋田書店  『ミカるんX』 6  高遠 るい  \580
こないだVIPで「マンガ家だけど質問ある?」をやった東大卒。
ナルシストで自信過剰でビッグマウス。だけどマンガは最高に面白い。そんな作家。

09/17  集英社  『CLOTH ROAD』 9  okama  \650
今まで読んできたマンガの中で、最もカリスマ性のあるキャラクターといえば、本作に登場するジューン・メイだろう。
傲慢で尊大だが意外と弱い部分もある。最強じゃない。ばかりか結構負けてる。しかしそれでも、彼女の持つ華が、狂気が、彼女をカリスマたらしめている。
このマンガ、一番すごいのはokamaと倉田英之を組み合わせたウルジャン編集部だよなあ。

09/17  集英社  『鉄漫 -TEKKEN COMIC-』 2  高遠 るい  \630
先月出なかった『鉄拳』のコミカライズ。作家は高遠るい。
『鉄拳』といえばおそらくサターン時代最大の立役者で、一時期はかの『ストリートファイター2』と人気を二分するほどヒットしたけど、今はどうなんだろ。
つーかコンシューマーはどのハードで出てるんだ?

09/17  小学館  『星屑番外地』 3  イダ タツヒコ  \560
別にひどいグロでもないし、人間の闇を徹底して描いてるわけでもないのに、なんとなく「ゲテモノ」な作家イダタツヒコ。
そんなイダの全力SF。
ストーリー的には『ニアアンダーセブン』のバトルアクションもの、とイメージしてもらえると丁度いい。もしくは和製『メン・イン・ブラック』。

09/17  小学館  『神のみぞ知るセカイ』 10  若木 民喜  \440
アニメ化もし、ネタ切れもなく、絶好調の神のみ。
ハヤテの人気が陰った今、少年サンデーを息切れしつつある『史上最強の弟子ケンイチ』と二人で支えている。


09/22  講談社  『ACONY』 3  冬目 景  \620
連載は終わったみたいだけど、4が最終巻なのかな。
とにかくあちこちに書き散らす作家冬目景の最新作。
『羊のうた』みたいなマンガがまた読みたいなー。

09/24  幻冬舎コミックス発行/幻冬舎発売  『サユリ』 1  押切 蓮介  \620
とにかくあちこちで描くけど、ちゃんと終わらせる作家押切蓮介。
『でろでろ』のメインキャラ日野留渦が可愛すぎて最近生きるのが辛いです。

09/25  スクウェア・エニックス  『DARKER THAN BLACK‐漆黒の花‐』 3  岩原 裕二  \540
フランスでコミックの目撃例がある『いばらの王』の作者が作画を勤めるDTBのコミカライズ。
DTB一期と二期の間を描いたものだが、「敵も味方も変態がたくさん」という以外消化不良に終わった2期と比べると、話もキャラクターもDTBの空気もしっかりと作られていてうれしい。
とろこで先のしろーのブログで岩原 裕二が結構プッシュされてるんだけど、アシとかなのかな。デビュー前は…とか書いてるし。
どことなく絵柄も似てるし。

09/29  白泉社  『ベルセルク』 35  三浦 建太郎  \550
雑誌で追うと紙芝居だったり場当たり的な戦闘だったり、魔法連発で絶望が足りなかったりして物足りないが、コミックで続けて読むとひとつの壮大な物語として楽しめる(でもやっぱ黄金時代かロストチルドレン編がベストだよなー)。
35巻くらいから海賊と戦う。



09/30  小学館  『とめはねっ!』 7  河合 克敏  \550 
青春書道マンガ。
部活をテーマにしたマンガはそのテーマを掘り下げるもの(『弱虫ペダル』『辣韮の皮』)と、上っ面だけ使ってあとはキャラクターの会話でひっぱるの(『幕張』)とあるが、このマンガは前者。
あいかわらず面白いけど、雑誌移ってちょっとトーンダウンした気もするなー。





以上12冊。9月は個性的な作家のマンガばかりで熱い月になりそうだな。
特に好きな作家のマンガばかり大量に出るんだけど、何?地球爆発するの?関東大震災で震度9とか記録しちゃうの?



拍手[0回]

PR

コメント

コメントを書く

お名前:
タイトル:
文字色:
メールアドレス:
URL:
コメント:
パスワード:   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

トラックバック

この記事にトラックバックする:

カレンダー

07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

春風Twitter

リンク

カテゴリー

最新コメント

[09/26 春風]
[09/26 秋]
[08/31 春風]
[08/30 buruburu]
[08/01 春風]

最新記事

プロフィール

HN:
harukaze
性別:
非公開

RSS

ブログ内検索

アーカイブ

カウンター

アクセス解析