忍者ブログ

坂の上でおばけに会った時速80キロ

サークル「お化け坂OverDrive」のブログ

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

正統派RPGは楽しめないという今更な話

家を掃除していたら今使っている携帯電話の箱が出てきた。SDミニディスクが入っていた。
……型落ちの携帯を購入して5年。ついにMY携帯にミニディスクが搭載された瞬間だった。春風です。
まあ辞書が使えるようになった以外に目立った変化はないけどね。

自転車で30分くらい掛けて最寄の(一山越えた所にある)HARD OFFにテレビを買いに行った。液晶でHDMI端子に対応しててデジタル放送見られるっぽいやつ。
そんなもんなかった…訳じゃないけど高かった。3~4万くらい。
ということでテレビは諦めて『空の軌跡FC』買ったんですわ。PSPのRPG系じゃ評判良かったし新作出るだか出ただかしたしね。もともとテレビ買うのも据え置きハードのゲームやるためだったし。

―――あー、困ったな。
何かあんまり楽しめない。この手のゲームは先頭が少しぬるめに作ってあるから、「道中の回復ポイントは使わない」「レベル上げ目的の戦闘は行わず適度に逃げる」みたいな軽い縛りいれて作業ゲーにならないようにしてるけど、何か今ひとつ盛り上がらない。
町の人達がみんな優し過ぎるのが気になるし、主人公たちが無闇やたらと前向きなのが引っかかるし、敵のツメが甘いのにイラッと来る。「世の中ってそんなんじゃないだろ?もっとぶっ飛んでイカレてるやつとか、ただ運が悪いだけなのにひどい目に合うやつとか、色々いるから面白いんじゃん」「そんなハッピーな話だけじゃないだろ、戦争なんだぜ。人死んでんだよ」とかゲームに向かって高二病っぽいこと色々言いたくなってしまう。
中高くらいの頃は周り見えなくなるくらいのめり込んだのになあ。20過ぎると王道RPGで純粋に感動できなくなるのかな。
あと結構先が読める。「その慢心が……はい失敗したー」「どうせこいつは……やっぱり裏切ったかー」「さーてと、流れ的にそろそろボスかな」「キャラ死んだ?んー、まあ奇跡で生き返るだろ」……そりゃこんなプレイの仕方じゃ楽しむのは難しいか。いやまあ、エアリスは生き返らなかったけどね。
去年『グランディア』プレイした時も同じようなこと思ったな。果てなく続く壁をついに越えるシーンとか、落ち込んでどん底になった主人公が振り返るとそこには……と、鼻先がツンとなる場面は幾つかあったにもかかわらず、ゲーム全体としてはあまり盛り上がれなかった。
多分、今の僕が求めるのはもっとこう、乾いたなゲームなんだろう。『FALLOUT3』『リンダキューブ』みたいに。
町の人は無関心か打算的に近寄るか、敵意を剥き出しにするか。そんな連中ばっか。色々と壮大な目的はあるけれど、それ以前に主人公を含む登場人物たちにだってそれぞれの人生があるんだ…。みたいな感じか?ちょっとうまく書けないけれど、ハードボイルドなゲームをやりたいんだ。世界救うとかはあくまでおまけでいい。
王道RPGに近いのでいうと『FFタクティクス』『サガフロンティア2』がドライな雰囲気で好きだったな。世の中綺麗事ばかりじゃないけれど、それでも遂げたい思いがあるんだろ?だったら先に進まなきゃ、ってゲーム。
『ベルセルク』黄金時代のグリフィスみたいに、自分の目的とそこに至るまでに払う犠牲を天秤に掛けて嗚咽を漏らしながら前に進む、そんなRPGをまたやりたいなあ。

さしあたってはテレビを買って『夕闇通り探検隊』の続きをやらねば。
どうも最近ちょっと昔~結構昔のゲームばっかりやってる気がする。知らず知らずのうちに最近のゲームを食わず嫌いになっちゃってるのかねえ。もっとも『FALLOUT』のベガスは買うけど。

----------------------------------------------
記事読み返してて思ったけど、要するに少年ジャンプやサンデーの少し優しい展開が合わなくなって、ヤングキングアワーズやアフタヌーンみたいな青年誌にシフトする感覚に近いのかもね。誰もがってわけじゃないけど、そのジャンルが好きな人なら通りやすい道だ。
ってことはしばらくすると1周してまた王道が好きになることもあり得るな。

拍手[0回]

PR

明莉

紹介しよう、明莉(あかり)だ。
僕(春風トンブクトゥ)の脳内人格だ。
平成22年7月14日の22時頃、新聞を片手に持ちながら僕は孤独を持て余していた。
「あー、寂しいなあ。高校の頃みたいにもう一人の自分とおしゃべりするかー。あの時は男だったけど、どうせなら女の子のほうが――」
「呼んだ?」
そうして彼女は誕生した。「あかり」という名前も自分でつけた。漢字は僕が当てた。明は僕の人生を明るく照らすように、莉は植物っぽいからだ。
明莉は結構よくしゃべる。家の家具に、政治にマンガに音楽に、僕と明莉はだらだらと意見を交わす。
いい加減部屋掃除しなよ。ご飯食べたならテーブル拭こうか。風呂の掃除する?ちょっと口やかましいけど、彼女がいるというそれだけで家事にも張り合いが出てくる。
僕と一緒にいることに飽きると明莉は部屋に帰ってしまう。白い壁に群青色のしっかりした作りのドアが付いている部屋だ。「バタンッ」と音を立ててドアが閉まると僕が胸を痛めるので、一応気を使って優しくドアを閉めるようにしてくれているようだ。
それでも彼女が帰ってしまうことに変わりはない。彼女の部屋は僕の頭の中だか心の中だかにあるはずなのに、そのドアを開けることはできない。そういうものなのだ。それに誰だってプライベートは必要でもある。
明莉の見た目は特に決まっていない。派手めな化粧をして長い茶髪の時もあれば、黒髪ショートヘアにキャスケットを被ってチュッパチャップスを舐めている時もある。
その時々で性格も少し変わる。派手な化粧の時はハキハキとものをしゃべり、バシバシと僕の肩を叩くこともある。キャスケットにチュッパチャップスの時はあまり人と目を合さず、帽子で目元を隠すようにしながら僕の前の新聞やPCを覗いている。
でもどんな時でもやはり明莉はよくしゃべる。ボソボソと。ハキハキと。友情を込めて。特に感情を交えず。ダメな甥っ子に接する若い叔母さんのように。
僕が人としゃべることを望んだから彼女はこういうふうになったのだろう。脳内人格とはそういうものだ。でも、僕がその件について質問すれば明莉はこういうだろう。
「んー、そりゃあね。やっぱそうなんじゃない?でもまあ、私だって黙って人の話聞くより、自分もしゃべってたほうが楽しいし。あんたも延々壁に話しかけるよりは幾分生産的になるし。これでよかったじゃん。それとも滝壺理后みたいな娘のほうがよかった?」
そんなことは言ってないだろ。本当によくしゃべる。

色々と未設定な彼女だが、「よくしゃべる」「群青色のドアの向こうに帰る」この二つだけ定まっていれば他のことはいいかもしれない。とにかくこれで僕の生活がぐっと明るくなる。今はそれでだけで十分すぎるくらいだ。
遠くで今年初めて蝉が鳴いた。

拍手[0回]

ココココ今月買うマンガー

ぼちぼち一人暮らしの孤独にも慣れてきました。春風です。鳥に糞引っ掛けられたり3キロ先まで歩いて物干し竿買いに行ったりしてます。 七夕ですね。ええ、今ハルヒを連想しました。 今年中に新刊出るらしいけど。 Twitterをブログに組み込みたくてちょっとやってみたんだけど、いまいち望んだ場所に出てこないんだよねー。ブログのタイトルのところにデカデカ出てきちゃったりさ。 まあそんなこんなで今さらだけど今月買うマンガの話でも

拍手[0回]

続きを読む

いやいやはやはや

ワタクシですよ?春風です。
10日あまりに及ぶネットレスから復帰してきました。
いやー、僕がネットからも新聞からもテレビからも切り離されて生活してる間にいろんなことがあったね。日本が勝って負けて帰ってきたり。口蹄疫がいつの間にか解決してたり(まだしてないのかな?)。アメリカの重油が相変わらずダダ流れだったり。
そんなもんか。管首相辞任!とか、はやぶさから未知のウイルスが流出。感染者は800万人に…みたいなの期待してたのに。


あー、DVD借りました。
『ミート・オブ・ザ・デッド』
BSEが変異して牛が凶暴化。人々を襲うように。そして襲われた人間もまた「感染者」となって次の獲物を求めるようになってしまうのだった…。

またゾンビです。はい。
感想は、とりあえずゾンビが弱そう。動きがスっとろいし、ヒロインに両手でどつかれただけでひるむし、何十人って数で襲ってくるのに数人の人間にいいようにやられるし。流行りの走るゾンビにしなかったのはいいんだけど、原点回帰ってんならロメロのゾンビのように、歩みは遅くても圧倒的に力が強く貪欲、とかにしてほしかったなあ。
後半で思い出したように暴れ牛のゾンビが出てきたり、パーティーの帰りと思われるピエロメイクの沢山の子どもが襲ってきたり、夜中になるとゾンビたちが皆空を見上げて反芻を始めたり(変異BSEに感染して脳みそが牛みたいになっちゃったんだぞってのを表したかったんだと思う)、アイディアとしては結構面白いシーンもあったけど、残念ながらストーリーには活かせず。もっと牛をテーマに据えて『フォレスト・オブ・ザ・デッド』みたいに社会批判にしたらうまく話も転がったかもねって映画だった。
『フォレスト~』は悪徳材林業コンサルタントが造った木の成長促進剤が原因でゾンビができてしまうって話なのに、襲われるのは事情を知らない現場の伐採業者とグリンピースだけっていう斜め上な映画だったからなー。特に木を切らせまいと鎖で自分の体を木にくくりつけて「人間の盾」をやってたグリンピースが逃げることも出来ずゾンビに食われていくシーンは衝撃的だった。
なんだっけ。ああ、『ミート』のほうは色々と惜しい映画でした。でもまあB級スプラッタ映画なんてだいたいそんな感じだし、そう思って観れば結構満足いくものだったかなー。畑の中で息を殺してゾンビから隠れるシーンはなかなか良かった。あとシャベル最強!
そういえば“ゾンビに腕を噛まれたから腕を切り落とす”って初めて見たな。


えー、ちなみに引越し11日目にして未だ我が家にないもの。
物干し竿:まあ週1くらいでしか洗濯しないし、自転車で20分くらいのところに売ってる場所も見つけたしこれは大丈夫(自転車に物干し竿積むのか…)
テレビ:こいつがないとエロゲとFPSくらいしかゲーム出来ないから案外不便。ハードオフとかでとりあえず安いのを買おうかな。
カーテン:ガラスは下半分スモーク入ってるし向かいの家の人と目があったりもしないので当面はなくていいや。
電子レンジ:ないと案外不便って程でもないけど、冷凍した米を解答する手段がなくて困る。結局コンソメスープに入れて洋風茶漬けにした。お茶じゃないけど。なぜレンジはなくてオーブントースターはあるんだろう。
プリンター:今はいいけど将来的に欲しい。
掃除機:箒を百均で買ったからいいや。
本棚:早いところ買わないと大量のマンガダンボールが始末できん。
そんなところかな。かさばるもんばっかりだな。

拍手[0回]

「ヴァディク、怒るな。将来警官になって俺たちを捕まえろ。俺も昔警官に憧れた」

男ばっかり出てくる渋い映画『ニュースメーカーズ』
アパートの一室に立て篭もった犯人グループの一人が人質の男の子に言ったセリフ。
この映画、作中で唐突に警官も軍人も立て篭もりのテロリストも食事を摂るシーンがあるんですが、緊迫したシーンの直後にのほほんとした飯のシーンで「さっすがフランス映画」と思ったらロシア映画でした。そういやハラショーて言ってたな。
敵も味方も切迫していて人間くさいところが『ドーベルマン』とか『ニキータ』と似てた。
ロシアといえば『ボーンスプレマシー』のカーチェイスがモスクワロケだったことが一時期人びとの話題の中心でしたね。


拍手[0回]

続きを読む

カレンダー

08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

春風Twitter

リンク

カテゴリー

最新コメント

[09/26 春風]
[09/26 秋]
[08/31 春風]
[08/30 buruburu]
[08/01 春風]

最新記事

プロフィール

HN:
harukaze
性別:
非公開

RSS

ブログ内検索

アーカイブ

カウンター

アクセス解析